写真下部は葛城市兵家浄水場、写真上部はその兵家浄水場に水を供給する“ため池”の別所池(葛城市の自己水源の一つ)

葛城市兵家浄水場(左側緑は緩速濾過機、右側グレイは急速濾過機)

descatch2.JPG

2022年6月30日

6/29(水)葛城市議会にて葛城市の水道を守る会が提出した「県域水道一体化計画について葛城市民に説明することに関する請願書」が採択されました。葛城市区長会提出の「県域水道一体化に関する陳情書」についての説明もありました。

==========

2022年6月24日

6/23(木)県域水道一体化調査特別委員会で「県域水道一体化計画について葛城市民に説明することに関する請願書(葛城市の水道を守る会提出)が本会議でのぎだいとなりました。葛城市区長会提出の「県域水道一体化に関する陳情書」も市議会で報告することに

=========

2022年6月6日

6/3(金)葛城市の水道を守る会提出の「県域水道一体化計画について葛城市民に説明することに関する請願書」と​

葛城市区長会提出の「県域水道一体化に関する陳情書」受理される。

   ・・・・・・・・・・・・・・・

​​​​県域水道一体化計画について葛城市民に説明することに関する請願書​​​​​ 

<請願の趣旨> 

葛城 市は住みよい町として高い評価を得てきました。その一つの要因が葛城市の水道事業で す。その水道事業が、県域水道一体化計画のなかで、市単独で事業を継続するのか、それとも 一体化に参加するのか、大きな岐路にたたされています。

阿古市長は、つねづね「市民の利益になる方を選択する」と表明されています。しかしながら、 大和郡山市や奈良市が、県域水道 一体化計画の問題点を指摘し、積極的な発言をおこなって いることに比して、葛城市が県域水道一体化計画についてどのように考えているのか、市民には まったく見えてきません。

11月 には奈良県広域水道企業団設立準備協議会の基本計画案などが示され、葛城市は態度 決定を迫られます。すべての市民に関わる重要な選択を行政がおこなう前に、県域水道一体化 計画および葛城市の考え方について、市民:こ 説明するとともに市民の声に耳を傾けるべきでは ないでしょうか。

市民生活に関わる、そして、葛城市のまちづくりに関わる重要な問題について、葛城市が説明 責任 を果たされることを求めます。

<請願事項>

県域水道一体化計画の内容および葛城市の考えについて、市はタウンミーティングなど適切な方法で市民に説明し、意見を聴取すること

※ 請願趣旨は葛城市が市民に説明することを求めるもので、請願書が採択されれば、関係するところ(市長・上下水道部)に議会から送付されることになります。

2022年5月30日

5/21(土)の「県域水道一体化を巡る情勢と諸問題」学習会終わりました!

★参加者35名 

★14時から16時終了の予定が質疑応答が多く16時30分終了

★学習会内容 

1.内藤恵美子:浅野詠子さん講演会(2022/3/27)に寄せられた「ご感想・ご意見について 

2.谷原一安:県域水道一体化を巡る最新の状勢と諸問題について 

3.古田啓祐:葛城市水道事業の「給水原価内訳」及びA市との比較から見た経営状況の評価について 

4.質疑応答

★ご提出いただいた感想、ご意見 

1.めちゃくちゃ大事なことだと思いました。 

2.「広域化」への参加問題は住民自治(我が町づくり)の問題だと思う。料金問題もあるが、ことは水(命のインフラ)であり、仮に高くついたとしても、自分達の水は自分達で確保すべきと考える。

3.浄水場の実態や今後の見通しを考えると、葛城市は広域化に向けて既成事実を積み上げているような気がしてなりません。水道料金が多少上がったとしても水道の自治を守るのが一番大切なことと思います。コロナの時も水道代が一定期間タダにになりました。市の判断が生かされなくなるのは不安です。水道は市民の財産という観点は堅持したい。

4.思っていることを皆さんの意見から聞くことができて有意義でした。

2022年4月20日

3/27(日)の浅野詠子さんの「水道問題講演会」詳細報告

① 講演(50分)の音声データ⇒        

②    浅野詠子さん講演録「県域水道一体化問題と葛城市水道の底力」👈クリック (ニュース奈良の声 2022/4/13)(講演後内容を修正し再構構成)印刷用PDFはここをクリック

③    質疑応答(40分)の文字起こし⇒ http://katuragisi-suidou-mamorukai.net/index.php/blank-page/3273

④    当日アンケートの結果⇒http://katuragisi-suidou-mamorukai.net/index.php/blank-page/317

2022年6月1日

 葛城市が県域水道一体化に参加しないことを求める第一次の署名活動は終了。

2021年8月19日に“葛城市の水道を守りたい”という2230筆賛同署名を葛城市の阿古市長に提出。 

 署名は引き続き受け付け中。署名用紙はこちら!


新着情報

2022/05/20 11:49
日時:2022/5/21(土)、午後2時(1時半開場)~午後4時 場所:當麻文化会館2階 定員:40名(感染症対策のため通常の半分) テーマ:「県域水道一本化を巡る情勢と諸問題」
2022/05/18 17:11
当日アンケートは31名が提出。ご感想、ご意見は26名
2022/05/18 16:07
40分間の質疑応答の文字起こし
20220327.jpg
2022/04/21 20:40
県域水道一体化の問題点について数年前から情報発信を 続けておられる浅野詠子さんの説得力のあるお話 参加者は83名(定員90名)‼ アンケートについては31名の方々から ‼ カンパも多くの方々から ‼ 時間いっぱいの質疑応答(40分間)‼…
20220320asano.JPG
2022/03/02 19:01
3月27日浅野詠子さんをお迎えして「葛城市の水道事業の将来を考える」講演会開催 葛城市歴史博物館あかねホール13:30開場 14:00開演 16:00終了予定 先着90名、参加費無料